お酒ばかり飲んでるから!
今宵あるいは朝からでも、「何を飲もうかなー」お悩みのあなたのヒントになればうれしいなあ!と飲んだ酒や変わった飲み方など、お酒のあれこれ綴っていきます!

スポンサーサイト

--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

特撰陳年紹興酒「塔牌」花彫 (陳八年)

2008/08/10(日)
祝!北京五輪ということで、中国っぽいことがちょっとだけしてみたくなりました。
政治的な問題はさておき、基本的にオリンピックは大好きなので、無事盛り上がっていただきたいものです。そして、中華料理も大好き。開会式も中華料理屋さんあたりでぱーっと盛り上がるってのも考えましたが、時間の都合であきらめました。せめて,ということで紹興酒を購入。普段は赤いラベルの花彫(「はなほり」と訓読みする人が多い:正しくは知らん)の5年を飲んでいますが、今宵はこれしか無いでしょう。「特撰紹興酒 塔牌花彫 陳八年」。つまり8年もの。2008年8月8日 夜8時(現地時間)に開会式開幕ですもんね。万全です。
開幕の瞬間に陳八年を開栓したのは言うまでもありません。

紹興酒は、実に複雑な風味があり、日本酒やワインと同じように様々な食べ物との組合わせを楽しむことができます。つまり中華料理でなくても、マリアージュできるというはなし。
が、やはり日本酒やワインより油が強めな料理によりマッチすると感じるのは私だけでしょうか?

今宵のつまみは、2度程北京に行ったことがありますが、3年くらい前に行った時に何故か北京では四川料理がブームになっていて、その時の思い出から、いくつか辛い料理を作りました。

といいつつ、開会式の演出はそりゃもう素晴しく、優れたものですが、ちと長かった、後半飲み過ぎて寝そうになっておりました。日本人的美学からいうと、「もう少しみたいな」位で終わると、より感動が尾を引くという考えか方があるのですが、中国的にはフルサービス、徹底的という感じですね。さすが、満漢全席の国、これでもか攻撃の連続でした。お腹いっぱいです。

今日のお酒
特撰陳年紹興酒塔牌花彫 (陳八年) 」
 輸入者及び引取先 宝酒造株式会社 
 原材料名 もち米 麦麹(小麦) カラメル色素
 原産国  中国 (浙扛 紹興)
 アルコール分 15度
 価格 マインマート反町店で1030円

                 ボトル


よそ様の記事   紹興酒/Goodbye Earth様

関連記事



  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://saketaiken.blog22.fc2.com/tb.php/29-ade31462
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。