お酒ばかり飲んでるから!
今宵あるいは朝からでも、「何を飲もうかなー」お悩みのあなたのヒントになればうれしいなあ!と飲んだ酒や変わった飲み方など、お酒のあれこれ綴っていきます!

スポンサーサイト

--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ピノ・ブラン AOC ALSACE

2008/06/28(土)
いや~昨日はブルゴーニュの白を攻めたい的なことを書いていてその舌の根も渇かぬうちにこれですよ。アルザスの白。(笑)
言い訳としては、昨日のつまみがアルザス風ってのだったから試してみたくなったのさ。
何を隠そう、このピノブランというワインは、はじめてワインの名前を覚えて、産地を覚えてまた飲みたいと思ったワインです。蒸し暑くなり始める初夏、ゴールデンウィークを過ぎるととたんに飲みたくなりますな。さわやかな飲み心地のすっきりした、ごくごく飲めそうなワインですな。生産者はTRIMBACH トリンバックとあります。説明は輸入元の日本リカーのホームページに詳しくありました。
                  エチケット

良く読むと、ピノブランの単一品種ではなくピノ・オーセロワっつうのも50%つかわれているのですねえ。へえ~。
値段も手頃なので、まとめ買いしておきたいところです。

                  ボトル


今日のお酒
ピノ・ブラン AOC ALSACE 2004
原産国 フランス 
輸入者 日本リカー株式会社 
品名  ワイン
容量  750㎖
アルコール分 12.5度
酒の栄光某店で 2200円(税込)だったと思う

スポンサーサイト


ムルソー ジュネヴリエール プルミエクリュ 2003

2008/06/28(土)
さて、ようやくシャブ中!(シャブリ中毒ね。)を脱し、次なるワインを求めることにしました。ここで、赤に行ったり、いきなり違う国や地域に飛ぶ前に、シャブリと同じブルゴーニュの白で飲み比べるのも、違いがわかってよいかなあと思いつつ、横浜の酒屋さんを市場調査する日々。ブルゴーニュで有名な白と言えば、「モンラッシェあたりかな~」と本やネットを見ながら勉強するも。「それなりに良いの飲みたいなー」と思いつつビギナーにいきなり高価なものもなんだしなあ、と予算1万円以下として探していると、タカシマヤの店員さんがムルソーの03を進めてくれました。
ムルソーは女性に人気があるとのことで、その女性店員さんんも「今飲んでみたい1本なんですよね~」などとうまいことをおっしゃるわけで、購入。
我慢できずに、速攻で家に帰りいただきましたよ。
「やばいっ。うまっ。」なるほどね。すみませんが、未だワインの味やアロマを表現する手段が無いに等しいので、そのへんの所は専門サイトにて。このブログのワインのページに関しては初心者がだんだんワインの事がわかっていくというストーリーでいきたいと思います。シャブリもうまいと思ったけどこりゃまたなんというか・・・。甘いんだよな、それが、砂糖や果実のいわいる甘いではなく、ましてや、米の酒における甘みとも違うのよね。
しかも、ムルソーは辛口の分類のようだし、うーむ、辛口が丸みを持った分の落差で感じられる、いわば引き算の甘さって感じでしょうか?
いやー、早くもまいった。やはりこの上は、同じムルソーの他の1級畑も飲まないわけには行くまい。ましてや同じボーヌ地区で有名なモンラッシェやコルトン・シャルマーになどはどんなことになってしまうんでしょう?値段の高いものは当分無理としても、近いものは味わっていきたいです。
本日のつまみはこちらはそごう横浜店で購入したアルザス風の鳥のステーキ、なかなか良く合いました。アルザスdだけどね、同じフランスだし。
                  ボトル


今日のお酒
「ムルソー ジュネヴリエール プルミエクリュ 2003」
原産国 フランス 
輸入者 エノテカ株式会社 
品名  ワイン
容量  750&㎖
アルコール分 13.5度
横浜高島屋で 10500円(税込)

                   エチケット









 







エビス オールモルト ビール

2008/06/28(土)
少々ブログさぼってました。この記事は実際には5月下旬の話です。

よく働いたあと、ジムでグダーっと汗をかいたあと。やっぱりビールですよね。おそらく個人的な年間消費量比率では、他の酒を抜いてビールが一番になると思います。このブログでは、気に入ったお酒との出会いをアップしていくつもりですが、日常消費用のお酒も取り上げないと片手落ちになる気がなぜかしてきました。
さて、「ビールと言えば?」「エビース!」と応えるエビラーな私でございます。自宅では必ず、選べる時は必ず「エビスビール」をいただいています。まあ、最近は、日本酒やワインを勉強?しているので、「とりあえずビール」ではなく他のお酒をのんで、飲まないで過ごすことも多いのですが、以前はやはり最初はビールの人でしたね。しかーし、夏が近づき、あたたかい、あるいは暑い日が多くなるとやはりビール。
まとめ買いしてきました。
                強化ヒモ


最近は箱に持ち手付きのシールを貼ってくれるのですな。これがなかなか強力。「キリンビール」用なところがご愛嬌ですが。今回は500㎖缶を購入したもので、ちと重量オーバーだったようですが、実際に持つ距離が短かったので大丈夫でした。
                 エビス大小

やはり、ケース買いで家にあると安心ですな。(何が?)まだ、前回購入した350㎖が残っていたので、今日はそっちをいただきます。
ビールをよりおいしく飲むためには、1)肉体を酷使し汗をかく! 2)何かを成し遂げた達成感を得る! 3)入浴してぽっかぽかになる! の3点をおすすめしています。ということで、今日は細かいとこまで、お掃除などします。
ビールを取り上げるということで、例によって「知識ゼロからの」シリーズで勉強したわけです。「藤原ヒロユキ」先生。達人です。すごいな~と思って「知識ゼロからのビール入門」読ませていただきました。
           
知識ゼロからのビール入門 (幻冬舎実用書芽がでるシリーズ)知識ゼロからのビール入門 (幻冬舎実用書芽がでるシリーズ)
(2004/07)
藤原 ヒロユキ

商品詳細を見る


さまざまなビールの味わい方が書かれていて、なるほどなあと思うわけですが、その中で
ビールを止渇飲料としてのみ扱うことへの注意を促す記述があったりします。なるほど、なんですが、ただ、自分に取っては最強の止渇飲料はやはりビールなんですよね。この飲み方はやめられまへんな。では、
                 エビス+グラス


「かーっ、うめーっ!」こうでなきゃね。このエビスも味合うべきビールだと思いますが、こういう飲み方は失礼なんでしょうか?いろいろな飲み方やいろいろなビールも飲んでいきたいと思います。ただ、ドライビールはにがてなんです。

今日のお酒
エビス オールモルト ビール
 製造者 サッポロビール株式会社 
 原材料 麦芽 ホップ
 原産国 日本
 アルコール分 5度
 プリン体 約11㎎(100㎖あたり)
 エネルギー 42kcal(100㎖あたり)
 容量 350㎖と500㎖

よそ様の記事  うんちく vol.812 ヱビスビール/秘中の秘様
ヱビスビール/イモ様(関心空間)

続きを読む

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。